高校受験 選抜方法 神奈川県 私立高校

神奈川県の私立高校の選抜方法

私立高校は、入試日程や選抜制度などを各校が独自に決めています。したがってその内容は様々ですが、神奈川県内の私立高校は大きく分類すると、1月下旬に実施される「推薦入試」と2月中旬に実施される「一般入試」に分けられます。

推薦入試

神奈川県内私立高校の推薦入試は単願の推薦Ⅰと公立前期と併願可能な推薦Ⅱがあります。どちらも学力検査はなく、調査書と面接や作文での選抜となります。 通常中学校の先生と高校の先生との間で行なわれる「事前相談」を経てから出願することになります。この「事前相談」のベースとなるのが「推薦基準」で、高校側から具体的な数値で示されます。ほとんどの高校では「内申」を基準数値としています。 事前相談で推薦基準をクリアしていればほとんど合格という学校もあれば、推薦基準は出願のための最低ラインという学校もあり、基準数値の意味も学校によって違ってきます。
推薦Ⅱは推薦Ⅰより基準数値は高くなります。入学手続きは神奈川県公立前期入試の合格発表後になります。
*事前相談:私立高校の先生と中学校の先生が、出願前に受験に関する相談をすること。主に推薦入試に関する相談を行なう。
*推薦基準:高校側が示す、推薦合格するための数値。推薦入試を行っているほとんどの私立高校では内申で提示される。

一般入試

ほとんどの学校が国数英の3教科と面接での選抜となります。調査書も提出しますが、県立高校のように点数化はされません。
推薦入試とは別に、専願優遇制度や併願優遇制度などを実施している学校も多くあります。これらの制度も、基本的に中学校の先生と高校の先生との「事前相談」が必要となります。その際も内申基準をベースに相談がなされます。
一般入試でも優遇制度を利用して受験した方が有利に扱われますので、志望校でどのような制度が実施されているのかよく調べておく必要があります。
また、出願時に中学校の調査書を必要としないオープン入試を実施している学校もあります。
*オープン入試:私立高校の一般入試において、調査書にとらわれず入試当日の得点だけで合否を決める制度。神奈川県の私立高校で行なわれている。調査書主体のA日程に対して、入試点主体であるためB日程とよぶ場合もある。
 

県立高校入試制度の変更による私立高校入試への影響

県立高校の前期選抜試験が廃止されると、もちろん私立高校の入試にも影響が出ます。
今までは前期選抜で合格すれば多くの受験生は私立高校を受験しなかったわけですが、新方式が導入されれば、県立高校進学を目指す中学生のほとんどが、併願校として私立高校を受験することになります。
私立高校側でも辞退者の増加を見越して、合格者数を増加させることも考えられます。
しかし、全体としては競争率が上がることは必至です。
県立高校受験のチャンスが1回になることによって、より確実に合格できる私立高校を併願する生徒が増え、中堅校などでは、今までより成績上位者が受験に来る可能性もあります

お電話でのお問い合わせ:0120-121-864 お電話でのお問い合わせ:0120-121-864
  • 無料体験授業お申し込み
  • 資料請求・お問い合わせ